スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -
自動掃除機能付きエアコン
Entry: main  << >>

自動掃除機能付きエアコン

今年購入したエアコンは、自動掃除機能が付いているので運転を止めるごととに掃除をしてくれます。

昨年まで使っていたエアコンは数年前のタイプ、自動掃除機能はないので毎週のように掃除していました。

実際にエアコンというのは、結構内部が汚れやすいものです。

なにせ部屋の空気を吸って、中で冷やしたり暖めたりして排出しているので、チリやホコリを吸い続けます。

だからエアコンを使い始めるときには、少し換気をしてからの方が良いとも言われていたんですよね。

だけど最近のエアコンは自動掃除機能が着いているタイプが殆どで、今年買い換えたタイプにも付いています。

たしかに吸ったチリやホコリで汚れている内部を掃除して、外に排出するので便利です。

季節始めの「久しぶりに使うとき」以外には、とくに掃除は必要ないとの事で一安心。

でもね、実はひとつ大きな問題を発見してしまったんですよ。自動掃除機能の弱点とも言える部分を。

なんていうと大げさに聞こえますが、実はこの掃除をするときは意外に音が大きいものなんです。

もちろん普段は気になりませんが、夏場の後半などは眠るときに運転させて、明け方は気温が下がるので切れるようにセットしていました。

すると朝方の眠りが浅くなる時間帯にエアコンのスイッチが切れるので、自動掃除が始まるんですよ。

運転中は一番静かな風量にしてあるので気になりませんが、掃除が始まるとブラシで汚れをかき出すのでモーターが回ります。

実はそのときの音が結構大きいので、朝の静寂な時間帯と重なって耳に付くわけです。

ちょうど眠りが浅い時間帯だから、いつも起きるべき時間より早く目が覚めてしまう。

でも結局まだ早いからと、もう一度眠るものだから二度寝したような感覚で目覚ましが鳴って起きる感じ。

夜寝たら朝までゆっくり眠りたいと思っても、中途半端な時間に起こされるのがたまにキズ。

自動掃除機能つきエアコンの持つ、唯一の弱点なのかもなぁ。まあ起きるまで運転させれば、それでもいいのでしょうけれど…。

20:57 | 家電
スポンサーサイト

スポンサーサイト

20:57 | -

|