Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -
社内恋愛における告白から別れ

社内恋愛における告白から別れ

社内恋愛は告白するタイミングが難しく、自然の中で交際が始まり分かれていくパターンも多いようです。

もちろん社内恋愛から結婚までいければいいのですが、なかなか難しい一面があるようです。特に同じ部署の場合には、上司と部下といった立場があったりと、公私の別を問われます。

また恋愛関係が順調のときは良いのですが、ひとたび不調になると格好のうわさにもされがち。周囲に知られないようにするのは難しいですし、場合によっては仕事に影響が出てしまいます。

そういったデメリットの部分を考えると、社内に好きな相手がいても告白に踏み切れない人も多いようです。社内恋愛は対象が身近なために、逆に躊躇しがちなのでしょう。

もっとも社内恋愛にもメリットがあり、常に同じ事務所内であれば相手の素行を見る事が可能です。人と接したりする何気ない態度や、挨拶を見ればその人となりを理解できます。

恋愛相手の普段の行動が分かれば、結婚相手として適切なのかどうかが判断できます。また将来的な職場でのポジションも分かりやすく、将来の生活設計を描きやすくなるでしょう。

そして知らない人にいきなり告白するわけではなく、相手もそれなりに自分の事を知っていれば、話しやすいはずです。

しかしそうは言ってもたいていの場合は相手の良い部分だけではなく、やはり良くない部分も見えてしまうのはデメリットです。もしフラれたら仕事がやりずらくなるのではないかと思えば、やはり告白に踏み切れ無いこともあります。

また社内恋愛は現実的な関係になるため、恋愛にロマンティックな部分を求める方には向きません。より現実的な将来プランとしての結婚を考えるのであれば、とてもプラス要素は多くなります。

また周囲との関係をどう保っていくのか、たとえば上司部下の関係ならば公私はキッチリしなければいけないでしょう。

なぜならばほんの些細なことであっても、評価の結果などを同僚が騒ぎださないとは限ら無いからです。中には恋敵の存在もあるでしょうから、常に細心の注意を保つ事が必要です。

企業の規模にもよりますが、大手の会社の場合などは分かれた二人を転勤させる場合もあります。社内恋愛による失恋が、仕事に影響を与えてはいけないからです。

社内恋愛で告白して交際できても、分かれた場合までしっかり考える事は大切です。その状況によっては貴方がせっかく選んだ仕事、就職できた会社を去らなければ行けない場合もあるからです。

社内恋愛は仕事とのバランスを考えて、慎重に事を運ぶことをお勧めします。

08:49 | 恋愛

|