Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -
抹茶スイーツといえば京都宇治

抹茶スイーツといえば京都宇治

抹茶スイーツといえば、京都宇治のロールケーキやイチゴ抹茶大福などが有名です。


以前デパ地下で抹茶スイーツを探してみると、実にイロイロなお菓子があることにビックリしました。中でも京都宇治の抹茶スイーツは人気の的で、伊藤久右衛門などに人だかりが出来ていました。


その中でもビックリしたのは抹茶のチョコレートと、宇治抹茶チョコせんべいです。見た目がとにかく見事なお茶の緑で、とてもスイーツには見えませんでした。


またほかにも宇治抹茶をつかったあんみつや、京都限定版のキットカットがあったり。とにかく緑色が目に付くブースで、ひときわデパ地下でも目立っていました。


本来抹茶は茶道に使われるもので、苦いイメージがあります。しかし中には飲みやすいタイプもあるようで、お茶に抹茶を混ぜた商品も近所のお茶屋さんでは販売されています。


実際に飲んでみると緑が濃くて、見た目があでやか。味も決して苦くなくて、コクがある感じで飲みやすいです。


抹茶スイーツも同じような原理なのか、食べてみると苦さは殆ど感じません。塩系スイーツよりもなじみやすく、一度食べるとはまる人も多いとか。


京都宇治の抹茶といえば、まさに古くからお茶の老舗が多いもの。最近ではスイーツという、新たな世界にもチャレンジしているお店が多いようです。


私自身が始めて抹茶のスイーツを見たのは、抹茶ミルクという缶飲料。当時は珍しく飲む人は少なかったのですが、好きな人は毎日欠かさず飲んでました。


それから数年後に、抹茶スイーツが徐々に目に付くようになり、今ではデパ地下でも定番商品のひとつになりました。


またお茶だからといって和菓子の大福や饅頭などだけではなく、ロールケーキやチーズケーキ等の抹茶スイーツも誕生しています。


今や和菓子だけではなく、洋菓子としても広がっている抹茶スイーツ。最初はちょっと抵抗があっても、一度たべると結構はまりがち。


デパ地下に出かける機会があったら、抹茶スイーツを食べてみるのがおススメです。最初はロールケーキや、餡に抹茶が混ざっている大福がおススメです。




12:13 | グルメ

|