Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -
ハイネックをインナーにする

ハイネックをインナーにする

ハイネックをインナーで着るのが、ここ数年は冬のパターンになっています。なんといっても首が温かく、風が中に入らないのがポイントです。

そもそもハイネックといえばセーターを想像しますが、僕が着ているのはハイネックのTシャツです。

長袖の厚手Tシャツなのですが、ハイネックデザインなのでインナーとして最適です。それほど寒さが強くないときには、このハイネックにダウンを羽織れば暖かく過ごせます。

そういった着方の場合には、ハイネックはインナーと言うよりアウターになっちゃいますね。

また寒さが強い日にはハイネックのロンTインナーにして、その上にネルのシャツを羽織るようにしています。

最近はウォームビズの影響もあって、暖房温度を下げているビルが増えています。そういった場合にもハイネックをインナーにすれば、首が温かくなって冷える心配がありません。

ちなみにインナーにしているハイネックは、エディバウアーのセールで購入したものです。一枚1,500円くらいでしたが、洗っても風合いが保たれて長持ちしています。

ユニクロにもハイネックが売られていましたが、やや質感が落ちる感じだったかな。インナーとはいえ完全に隠れるものではないので、質感のいいシャツを選びたいものです。

ところでハイネックのインナーは、ファッション的にはどうなのでしょう。あまりカッコイイとは言い切れませんが、見た目に暖かそうに見えるのはプラスかもしれません。

やはり冬場は人が見て「暖かそう」と感じるスタイルでないと、いくらデザインや色が良くても好印象を与えないもの。

首がすっぽりと収まるハイネックの場合は、見ている人にとっても安堵感を与えるでしょう。

もっともアウターとの色やストライプなどのバランスを考えないと、やはり浮いてしまうので要注意。とくに首に色がつく感じになるので、ハイネックのインナーはアウターとのバランスが大切。

また首の部分が汚れていると清潔感がなくなるので、ハイネックのインナーは首周りの汚れにも注意が必要です。

寒い冬の防寒用として、またアウターとのバランスを整えればファッションアイテムとして、ハイネックのインナーは活躍してくれるものですよ。

JUGEMテーマ:ファッション
21:36 | ファッション

|