Page: 1/2   >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| -
デジタル放送ダビング10の問題点

デジタル放送ダビング10の問題点

デジタル放送がいよいよ待望のダビング10になりますが、いくつかの注意点が挙げられます。

デジタル放送は現在「コピーワンス」によって、HDDからDVDやブルーレイディスクといったメディアに、1回のみムーブが可能です。

しかしムーブをすると元のHDDデータは自動消去されるため、デジタル放送の保存をする問題点として取り上げられていました。今回ダビング10となることで、その問題は一気に解決します。

もっともダビング10という言い方ですが、10回目はダビングではなく現状どおりのムーブとなります。最後はHDDから消去されますので、十分に注意してください

またデジタル放送のダビング10は、すでに発売済みの機種すべてに対応するわけではありません。メーカーごとに対応できる機種の販売時期が違うので、十分に注意が必要です。

もしも現在所有中のテレビやレコーダーが、デジタル放送のダビング10に非対応の場合、買い換えるかどうかはひとつの大きな問題点といえるでしょう。

デジタル放送そのものを見ることにはなんら不便は無いわけですから、あえてダビングの問題だけで買い換えるのはもったいないともいえます。

地デジなどの放送を保存版としてとっておきたい人以外は、ダビング10のメリットはさほど大きいとは言いがたいでしょう。

それにすべてのデジタル放送がダビング10になるわけではなく、現在と同じようにコピーワンスでの放送も当然続くことになります。

そう考えるとこれからアナログタイプからデジタルに乗り換える人はともかく、現在HDD付きのデジタルテレビやレコーダーを所有する人には悩みどころです。

ちなみに現在デジタル放送が受信できるHDD付きのレコーダーやパソコンなどの機器で、ダビング10対応機種を持っている人はソフトのアップデートでダビング10に対応となります。

その際にはデジタル機器を待機状態保つ必要がありますので、コンセントを抜かないように注意しましょう。長期の旅行に出る人の場合は、ちょっとした問題ですのでメーカーに相談する必要があります。

そもそもデジタル放送はダビングでの劣化が無く、著作権保護の観点からコピーワンスが取り入れられていました。

今回は北京オリンピックが近いこともあり、いきなり9回ものダビングが可能になります。ヤフオクなどのネットオークションなど、個人売買には十分な監視が必要となるでしょう。

テレビ番組をダビングして大量に出回れば、取り締まり自体も大変になります。そういった問題点があることもコピーワンス解除できなかった要因ですから、今後の対策をどうするかはまだ残っています。

デジタル放送などのテレビ放送には著作権が存在しますので、コピーしたディスクを販売することは出来ません。個人で楽しむ範疇以外での取引は、処罰の対象にな るので注意してください。

JUGEMテーマ:地デジ対策情報
19:55 | デジタル放送

|

Search

Entry

Archives

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

Category

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode